Squash Ghosts

フル機能版
フリー版

”スカッシュゴースト” と申します。
スカッシュファンの皆様ひとりひとりの専属トレーナーを目指しております。

最新版 V1.0.8 情報
 難易度 ”9~11” を追加。
 相手がショットをホールドしている雰囲気を出してみました。

スカッシュ情報(外部リンク)
 ・プロスカッシュプレイヤー”小林僚生”さんのYouTube動画
 ・施設例:”スカッシュとは”

「何これ?」とお思いのかた、無理もございません。
恐縮ですが中身を解説する前に、少しだけアプリ誕生の経緯を説明させてください。

アプリ誕生の経緯

インドアスポーツのひとつ ”スカッシュ” を始めてかれこれx年。
集団行動を苦手とする人がよくやる ”ひとり打ち(注)” に今日も励んでいた。
(注)テニスの壁打ちに相当。これをスカッシュコートで一人で長く行う。

ある日の心の声

ショットが安定してきて、”ひとり打ち”が長く続く様になったなぁ。
このテクをゲームに活かせば、勝利も夢じゃないさ!
さぁ、練習練習!!
 〃
 〃

でも、ふと気づいた。

あれ? これって、自分が次に打ちやすいところに”球出し”(注)しているだけ?
この癖がゲームで出ると、相手も次が読めて”ウィニングショット献上”になっちゃうよな。。。
(注):球技一般で練習相手の為に良い球を配給すること。

それってどうよ???

もちろん自分が届かないエリアに打ち返す時もあるけど、ミスショットと見分けつかないし、”決まったぜ!” 感もないし。。。
ちゃんと狙って、相手が打ち返しにくいエリアに打てないとダメなんじゃない?
でもその”エリア”って、相手がいて初めてわかるんだよねぇ。。。
これが、ひとり打ちの限界なのか?
集団行動、苦手だしなぁ。。。

じゃ、相手をバーチャルに作っちゃう?

どうせ作るなら、
・こちらのショットのタイミングで移動してくれちゃって
・異様に足が速くって
・守備範囲がやけに広かったり、飛び石になっていたり
っていう、人並外れたゴーストみたいなやつがいいかも。
で、それを遠目で見てもわかるように画面表示してくれるもの。

贅沢言っちゃえば、、、

「コートの床にプロジェクションマッピングしたら良いんじゃない?」
「VRアイガードなんてのも良いよね〜」
などと夢は広がるけど、とりあえずスマホやタブレットをティン(注)に立て掛けて置き、画面をチラ見するスタイルでスタート!

相手の守備範囲に打ち込むことができれば “決まったぜ!” って思えるし。
時々、立て掛ける位置を変えて違和感を覚える様であれば、ちゃんと相手の位置をチェックしている裏付けになるし。(苦し紛れ)

(注)ティン:テニスのネットに相当。金属製の板で、ボールが当たると「ガシャン!」という音が出てアウトであることがバレる。

という経緯で誕生したアプリです。

少し興味が湧いたかたは、 ”お勧め判断” にお進みください。

具体的な使い方を知りたい方は、”使用方法”にお進みください。

フル機能版フリー版の違い
・フル機能版:ゴースト数 1〜8
・フリー版:ゴースト数 1のみ